四季

コスモス

毎年楽しみにしている小泉稲荷のコスモス祭り。
今年は忙しくてイベントの日には行けなかったけど、コスモス摘みには行ってきました。

終わりかけてはいたものの、まだまだ摘み放題^0^
お花畑で思いっきりお花を摘むなんてこの時しかできない。
広がるお花畑に母も喜び思いっきりコスモス摘んでいました^^

こんなにたくさんのお花を一度に買うこともないから、家に帰ってからもコスモスに囲まれて幸せ。

やっぱりお花って癒してくれる。
花粉は散るし、順番に枯れてくるし、確かに面倒くさいことはたくさんあるけど、お花をいじっているとやさしい気持ちになれる気がします。

また来年が楽しみです。


Dsc_00031


Dsc_0020


Dsc_0033


| | コメント (0)

稲刈り

結婚するまで縁のなかった田畑のお手伝い。
なかなか大変なお仕事です。
毎日やること満載で農家の人たちにとっては暇なんて縁のない言葉。
しかし私にとっては田植えと稲刈りのときだけ伺ってうわべだけのお手伝い。
イベントです^^;

この日は天気もよくて幸運かと思いきや、夜露が多くて濡れた稲を刈ることはできない。
作業開始を遅らせてものの、簡単には露はきれず、露切りから始まった。
これはジムにいくより、筋力つきそうだ^^;

その後、耕運機が故障して作業は思うように進まない。。。
結局、近所の人にヘルプをお願いして、真っ暗になるまで作業はかかってしまった。

私などなんの役にも立たないわけだけど、家族みんなが田んぼに集まるだけでお父さんは嬉しそうだ。
来年はもう少しくらいは役に立つようにがんばろう^^;;

Img_6418


| | コメント (0)

桜日和

やっと春がやってきました。
先週末は、穏やかなよい日で、絶好の桜日和でした。

毎年都内で賑やかにお花見をしていましたが、今年は田舎で静かなお花見です。

朝起きたら、あんまり天気がよいので、慌てて母を誘いピクニックとお散歩に出掛けてみました。

桜咲く公園では、親子連れがピクニックを楽しみ、子供たちは芝生でのソリ遊びにはしゃいでいました。

もう少し桜日和を楽しもうと近所の神社に出掛け、山間いを降りてくると小さなお寺でお釈迦様のお誕生日をお祝いしていました。
花まつりなんですね。
あまちゃをいただき、お坊さんのお話をいただいて、帰りました。

桜の木の下で、春の訪れを喜びながら友人とほろ酔いになるのも楽しいけれど、こんな穏やかな桜もなかなかよいものです。

来年はどんな桜が見れるでしょうか。









| | コメント (0)

また雪





また雪だ。
今回の雪はちょうど帰宅時間だったので大変だ。
車で通っているので、渋滞がひどかった。
スタッドレスをはいていない子は迎えを頼んだが、渋滞で迎えが来れず。。
結局、方向の同じ人に送ってもらったが、送った人はとんだ災難だったかも^^;

そんな中、明日はスキーだ^^;
行けるかな?!




|

早く春が来ないかな。

先日、記録的な雪が降った。
スキー場以外であんな雪を見たのは久しぶりだ。

子供たちははしゃぎ、大人まで雪だるまやかまくらを作って、雪を楽しんでいたようだ。
たまに雪が降ると、いつもの風景が違ってみえて楽しいものだ。

でもそのあと、寒さが続き、また雪が降るなんて聞くとうんざりしてしまう。
そろそろ寒さにも飽きてきて、春が待ち遠しい^^;

寒い日が続くと着る服も毎日同じになってしまって、春になったら何を着ようかな。。と考える。
爽やかな風の中、袖をまくって、コートの前を開けて歩く姿を雑誌の中にみると、わくわくしてしまう。

しかしまだまだ外は冷たい風が吹く。
梅の蕾もそろそろ開きたがっている。

早く春がこないかなぁ~Fh000027


| | コメント (0)

sakura

すっかり終わってしまいましたね。。。さくら。。。

去年の桜を思い出しながら、一年早いなぁ~とつくづく思います。
今年の桜は天気と週末がうまくかさならなくて、自分の中であまり盛り上がりませんでした。
毎年やっていた花見もしませんでした。
終わってしまった桜を見ながら、寂しい想いがします。

春って暖かくなってきて、楽しくなってきて、気持ちがウキウキしてくる季節かと思うのですが、私はなんとなく毎年寂しくなります。

出会いと別れの季節なんてもいいますもんね。。
私だけじゃないとは思うのですが。

華やかに咲いて、かろやかに散って、気づいたら葉っぱばかりの木になっている桜を見ながら、さくらに儚ささえ感じます。

暖かくなってきたんですから、ひとり散歩にでも出かけてまったりしてみようかな。


Dsc_0046


| | コメント (0)

雪のパリ

今度のパリは雪でした。

ずいぶんと長年同じ季節に行っていますが、ここまで降ったのは初めてでした。
街の機能がストップするほどではなかったので、特に問題はなかったのですが、寒かったし、雨になったり雪になったり、傘をさしたり畳んだりとかなり行動が鬱陶しかったです。

雪は真っ白できれいだけど、毎日の行動にはやはり辛いものです。
歩くときも下を向いて歩いてしまうし、下を向いていると気持ちも伏せてしまいがちです。

それでもやらなければいけないことはやらなければいけないし、雪を鬱陶しがってつまらない顔をしているようでは日々がもったいない。

どんなときも心の中は晴れた気持ちで楽しくいたいものだ。

Fh010026

Fh010032

Fh010033

| | コメント (0)

季節はずれの花火

今までは7月の隅田川の花火大会と同じ週にやっていた足立の花火大会ですが、今年はなぜか10月13日に開催されました。

ただでも夏が長くなったようで、秋になっても冬になっても暑いくらいの日があるというのに花火まで?!
聞くと、ところどころで秋の花火大会が開催されているようです。

浴衣を着るようなテンションは残っていないけど、夏を名残惜しみながら、秋の夕ぐれを歩くのは気持ちのいいものです。
真夏とはまた違う風情を感じるものです。

短い時間だけれども華やかな花火。
久しぶりに会った友人たちと女同士声を張り上げると童心に帰ります。
花火の音に負けないほどの笑い声。
花火の華やかさに負けないほどの料理の数々。

女同士っていいものです。
花火と一緒にストレスも吹き飛ばしたような秋の一夜でした。


Hanabi_edited1_2


| | コメント (0)

残暑お見舞い申し上げます。

夕暮れの涼しい風に夏の終わりを感じながら、夏休みの写真を整理してみる。

長い休みがあれば海外ばかり行っていたが、今年は日本で仏様巡り。
ご先祖様に感謝しながら、今の自分の幸せをかみしめる時間。

山奥にひっそり佇むご先祖様達もこの時期は賑やかにみんなに見舞われて、喜んでいることでしょう。
年々、家族が増えたり減ったりもしながらも、こうやって毎年家族が集まって微笑みが絶えない。
その笑い声は家の中だけでなく、山の奥までも空の上までも響き渡る。
仏様の笑顔も見えるようだ。

もうお盆も終わって、仏様達もお帰りになり、私たちの夏休みも終わり。
虫の声が秋らしくなっている。。。


000030_edited1

000025_edited1

000034


| | コメント (0)

暑中お見舞い申し上げます。

暑いですね^^;

夏が弱い私です梅雨も明けてせっかくの夏なので、日本の夏を楽しもうと西新井田大師の風鈴祭りに行ってきました♪

なんだか規模は小さくて、これ?!って感じではありましたが、たくさんの風鈴が風に吹かれて一斉に鳴り響く感じは風情がありました。

Fh000018

Fh000015


外人さんは、日本の夏の情緒に浸っていたようですが、こどもたちバテ気味かな?^^;

Fh000035

Fh000022

Fh000027


| | コメント (0)

より以前の記事一覧