旅行・地域

雪のパリ

今度のパリは雪でした。

ずいぶんと長年同じ季節に行っていますが、ここまで降ったのは初めてでした。
街の機能がストップするほどではなかったので、特に問題はなかったのですが、寒かったし、雨になったり雪になったり、傘をさしたり畳んだりとかなり行動が鬱陶しかったです。

雪は真っ白できれいだけど、毎日の行動にはやはり辛いものです。
歩くときも下を向いて歩いてしまうし、下を向いていると気持ちも伏せてしまいがちです。

それでもやらなければいけないことはやらなければいけないし、雪を鬱陶しがってつまらない顔をしているようでは日々がもったいない。

どんなときも心の中は晴れた気持ちで楽しくいたいものだ。

Fh010026

Fh010032

Fh010033

| | コメント (0)

残暑お見舞い申し上げます。

夕暮れの涼しい風に夏の終わりを感じながら、夏休みの写真を整理してみる。

長い休みがあれば海外ばかり行っていたが、今年は日本で仏様巡り。
ご先祖様に感謝しながら、今の自分の幸せをかみしめる時間。

山奥にひっそり佇むご先祖様達もこの時期は賑やかにみんなに見舞われて、喜んでいることでしょう。
年々、家族が増えたり減ったりもしながらも、こうやって毎年家族が集まって微笑みが絶えない。
その笑い声は家の中だけでなく、山の奥までも空の上までも響き渡る。
仏様の笑顔も見えるようだ。

もうお盆も終わって、仏様達もお帰りになり、私たちの夏休みも終わり。
虫の声が秋らしくなっている。。。


000030_edited1

000025_edited1

000034


| | コメント (0)

パリの景気

パリの買い物客の雰囲気をみていれば、世界が今どんな動きをしているかすぐわかります。

って、LEEのコラムで中山美穂さんが書いてました。

まったく同意見です。

一次は、ビトンに行けば日本人が列を連ね、エルメスは日本のセール会場のようでした。

以前エルメスの本店に行ったとき、グチャグチャに山積みになったスカーフを見て、「セールなの?」と聞いてしまったことがあります。^^;

今は、シャネルに中国人が列を連ねます。
ビトンなんて安物なんですかね?^^;

今シーズンのエルメスのショーウインドウは、中華でした。
ラストエンペラーの曲が流れ、ギラギラのゴールドの装飾に鯉の置物や象牙のテーブルが飾られていました。


ユーロになってからは、以前よりパリで英語が通じるようになったような気がします。

ヨーロッパの景気も悪くなる一方のようですが、景気のよい国にコビをうるようでは、ヨーロッパらしくないと思うし、景気のよい国がコビをうらすのもどうかと思います。

個性と常識と礼儀を持って、艶やかでグローバルな人間になりたいなぁ~。


R1016366


__


| | コメント (0)

Destination

いつか飛び立とう。
いつか飛び立とう。

ずっとそう思ってやってきた。

でも行き先を見つけ出すことができないまま、ずっと飛び立てずにいた。

でもいったい何をもって「飛び立つ」って思ってたんだろう。
海を越えて見知らぬ国へ行きたかっただけなのか。。。。
何かから逃げ出したかっただけなのか。。。

でもどこかで、いつか帰ってくることをイメージしていたのだと思う。


今、海を越えるわけでもなく、今までの自分を断ち切るわけでもなく、Destination を見つけた私は、本当の意味で飛び立とうとしていると思う。

断ち切ったり、捨ててしまうことを飛び立つことと勘違いしていたころに、飛び立たなかった私に今、ありがとうと言いたい。


1328094982356.jpg

| | コメント (0)

パリの朝

R1015425_edited1

土曜日の朝
パリ

専門店が開き始めるのも遅いので、少し早起きして蚤の市へ。

パリの蚤の市はクーニャンクールが有名だけどこじんまりしたヴァンヴ蚤の市へ。

パリの7月の朝はまだ涼しい。
しかも不安定な天候で雨もチラホラ

それでも出展者たちは雨も寒さもなんとも思わないかのように楽しそうに
そして自慢げに自分たちの売り物を勧める。
ヴァンヴの蚤の市は値切っても値下げしないので有名だそうだ。
少し高いけど、いいものがあるらしい。

アンティークものの本物を見分けるのは難しいけど、自信を持って自分たちのものを売っている出展者たちは
どこかヨーロッパらしくもあり、憧れる。。。


パリに住むレース仲間のデザイナーさんにばったり会った。
「今日は早起きしたものですから、お散歩に^^」っと

ステキだなぁ~
私も日常の週末にこんなセリフをこんな場所で言ってみたい^^;

毎日に追われているだけでは、いいものを作ることもいい仕事をすることもできないはず・・っと
想う今日このごろです^^;


R1015286_edited2


R1015277_edited1_2


R1015270_edited2

| | コメント (0)

「道」来週始まります♪

毎日歩く道、乗り物が走る道、獣道、海に続く道、
誰かに逢いに行く道、自分の歩んできた道、これからの道、人生。
すべてのことが繋がって行き、また誰かと出会って新しい道となる。

それぞれの想う「道」

みんなの作品を見て、自分で作品をまとめてみて、「道」って「繋がり」なのかなと思った。
通って来た道とこれから行く道を繋ぐ場所が「今」

今回の私のテーマは「Torch」
迷ったり、悩んだりしても結局は前に進むしかない。
どこに向かっていいかわからなくても、結局何かに導かれて前に進んでいる。
そんな想いを夜の光を切り取って、モノクロで表現してみました。


ご期待ください。

Jam heliography
グループ展「道」
2011.5月24日(火)~29日(土)
渋谷 ルデコにて。


Dsc_0970_edited1


写真は、ラオスの「道」

| | コメント (0)

最後の桜

今年の桜はどこか儚かったように思います。

公園もお花見を自粛したり、なかなか天気にも恵まれず・・
みんなの気持ちもなんだか・・・

4月も終わろうとしているのになんだかまだ寒いがあったりして・・

でももう春なんです!
初夏なんです!
ゴールデンウイークなんです!

みんな元気に頑張りましょう\(^o^)/


Dsc_0262_edited2


Dsc_02391_edited1


Dsc_0285_edited2_2


| | コメント (0)

台湾の冬

台湾というところは基本的に暖かいので、暖房がない!

もちろん天気予報を見て行ったのだが、11度~15度くらいとあったので、涼しいくらいかな~と
薄着で出かけた。

すると、寒かった(>_<)

ホテルへ帰っても暖房がないからずっと寒い(>_<)
お風呂に入るしかない・・・


日本へ帰ってきたら、なんと暖かい。
重いスーツケースを引きずり、電車を乗り継いで家に着くころには暑いくらいだ!
天気予報の気温は台北よりずっと低いのに・・


清潔で、暖かくて、すべてにおいて快適な日本。
人間弱くなるはずだ!


Img_13071


| | コメント (0)

今年は志強く!

新年が始まりました!
皆さま、今年もよろしくお願い致します^0^

Img_1237_edited1

龍馬伝が終わってしまい、寂しい限りの私ですが、年明けは土佐で過ごして参りました^^
旅の題名は「幕末土佐の英雄たちに出会う旅♪」

出会ってきましたよ~\(^o^)/
教えられてきましたよ~!

土佐の海は広かった!
あの広い海の向こうに異国を見ながら、みんないろんなことを考え、新しい日本のために実践してきたんですね!
自分はなんてちっぽけな人間なんだと思いました。

龍馬だけじゃない。
ジョン・万次郎だって、14歳で漂流し、100日以上も無人島で過ごしてたのに助けられたときに、「帰りたい」ではなく、「僕をアメリカへ連れて行ってくれ!」って言うなんて@0@


「志」とは小さいもんではないぜよ!
具体的でなくても大きなもので、「目標」とは「志」を果たすための方法のひとつひとつ。。
「志」を果たすためにやるべきことをみつけていくのが人生で、そのために会いたい人に会い、見るべきものを見、行動していく。。

世界は広いぜよ!
まだまだ知らないことがたくさんあるぜよ!

Dsc_0256_edited1

| | コメント (0)

穏やかな時間

Fh030021



毎日忙しくて、なかなかフラリとカメラを持ってお散歩というのもままならない。。。


その点、旅行というのは写真好きにとってこの上ない贅沢な時間が過ごせる。
難しいことはすべて忘れて、苦しまずに早起きもできて^^;
フラリとカメラを持って朝からお散歩♪


そんなときに写したいのは、旧所名跡ではなく、何気ない地元の顔。


大好きな鳥取、境港にはそんな顔がたくさんあった。
海で釣りを楽しむおじさんたちはカメラを向ける私にいやな顔ひとつせず、にこやかだ。


海は青々と広がり、真っ青な空には白い雲がぷかぷかと浮かぶ。。




穏やかとはこのことだ!っと思う。。


心の深呼吸をさせてくれる空気、そんな空気が境港にはあった。




Fh030007



Fh030024

撮影2010.10.10

| | コメント (0)

より以前の記事一覧